パチンコCRひぐらしのなく頃に頂(Daiichi)攻略解析、スペックや機種詳細

  • ホール導入日:2013年08月05日
  • 販売メーカー:Daiichi
ひぐらしのなく頃に頂
  • 【大当たり確率】1/380.75 (確変中:1/52.52)
  • 【確変率】75%
  • 【賞球数】1 & 3 & 10 & 14
  • 【平均出玉】4R:約440個、12R:約1370個、16R:約1830個
  • 【時短】大当たり終了後、0回 or 10回 or 20回 or 30回 or 次回までの時短
  • 【ホール導入日】2013/08/05~
  • 【バージョン】CRひぐらしのなく頃に頂 ~ライトver~、~MAXver~

『CR ひぐらしのなく頃に 頂』のモチーフとなったアニメ「ひぐらしのなく頃に」は、『07th Expansion』によるゲーム作品であり、アニメ化もされて根強い人気を誇っている。監督・脚本は竜騎士07。「萌えと狂気」という相反する要素を融合させた多彩な演出はいかにもDaiichiらしい。開発コンセプトは「正解率1%への挑戦」。遊技するほどに、ひぐらしの謎に迫ることが出来る。

ゲーム性は、「運命分岐ゾーン」という新趣向が魅力的。惨劇を回避出来れば確変継続となるのだが、従来機種のようにボタンアクションなどではなく、プレイヤーが放つ1個の玉が運命を分ける。業界初機能の「運命分岐ゾーン」と高確率モード「解明しモード」の組み合わせが、緻密に練られたコンテンツの世界観を余すことなく表現されている。惨劇が回避出来れば16ラウンド、回避出来なければ出玉ナシというデッドorアライブのスペック。マックスとライトミドルの2タイプがあるが、どちらも基本的なゲーム性に差異はない。好みのスペックで遊んでほしい。

【CRひぐらしのなく頃に頂(Daiichi)ボーダーライン】

  • 3.5円=20.4回
  • 3.0円=22.3回
  • 2.5円=24.7回

【ヘソ入賞時の大当たり振り分け】

  • 16R確変A(実質12R分 約1370個 時短:次回まで):57%
  • 16R確変B(実質4R分 約440個 時短:次回まで):10%
  • 16R確変C(実質出玉なし 時短:次回まで):6%
  • 4R確変A(約440個 時短:低確・高確時共になし):2%
  • 4R通常A(約440個 時短:低確時なし):25%

【電チュー入賞時の大当たり振り分け】

  • 16R確変D(約1830個 時短:次回まで):73%
  • 4R確変B(実質出玉なし 時短:次回まで):2%
  • 4R通常B(実質出玉なし 時短:30回):15%
  • 4R通常C(実質出玉なし 時短:20回):5%
  • 4R通常D(実質出玉なし 時短:10回):5%

パチンコCRひぐらしのなく頃に頂(Daiichi)PV

パチンコ攻略解析に関するコメント欄



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

パチンコCRひぐらしのなく頃に頂(Daiichi)と同一メーカーのパチンコ台

パチンコ台を検索で探す

新着パチンコ台情報