CR吉宗4 天昇飛躍の極(大都技研)攻略解析、スペックや機種詳細

  • ホール導入日:2017年06月05日
  • 販売メーカー:大都技研

約2年振りの登場となった本機は「吉宗」シリーズの第4弾。スペックこそ違うが、前作同様に1種+2種タイプであることに変わりはない。スペックは大当たり確率約1/319.7、極RUSH突入率は60%で、ラウンド中の演出で吉宗が勝利すれば極RUSH突入となる。極RUSHはチャンスが2回あり、1stチャンスは成功率約60%、2ndチャンスは成功率約50%で、どちらも演出成功で大当たりとなる。

演出面はシリーズ伝統のものに加え、新しい要素も満載。今作では新たに「宗春」という新キャラも搭載され、より多彩な演出を楽しむことができる。好評だった巨大ギミック「大判ボタン」も健在。今作では発動すれば大当たり濃厚となっている点も見逃せない。さらに和楽器バンドの奏でる楽曲にも注目したいところ。

基本的なゲージ構成はあまりよくないが、ステージ性能は二重丸。さらにアタッカーの性能も申し分ない。ただし、アタッカーへの誘導釘には注意が必要だ。見た目では判断し難い部分でもあるので、実際に打ってみて確認したいところだ。1種+2種タイプなので、スルーの抜けや電チューへの入賞は神経質にならないでもいいだろう。

CR吉宗4 天昇飛躍の極(大都技研)筐体画像
大当たり確率 1/319.7(確変中:1/6.2[右打ち時]) 
確率変動確率  
賞球数 1&3&4&10 
初当たり時メイン出玉 約1000個 
備考1 極Rush突入率:60% 
備考2 大当たり終了後、0回or5回転の時短 
備考3 【ヘソ入賞時の大当たり振り分け】
実質10R+極Rush(約1000個):60%
実質10R(約1000個):40%

【電チュー入賞時の大当たり振り分け】
実質15R+極Rush(約1500個):100% 

パチンコ攻略解析に関するコメント欄



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

CR吉宗4 天昇飛躍の極(大都技研)と同一メーカーのパチンコ台

パチンコ台を検索で探す

新着パチンコ台情報