CRピカれ!まるまるアイランド(藤商事)の攻略解析、スペック、みんなの評価、ホール導入日紹介

『CRピカれ!まるまるアイランド』は、まるまるとした可愛いキャラクターたちが登場する、藤商事の癒し系オリジナルパチンコ機だ。太陽神「ラーライオン」に会えば幸せになれるという伝説を信じて、人間の女の子「サクラ」と「ヒマワリ」がガオガオ島に訪れるストーリー。癒し系ならではの遊びやすさも兼ね備えたパチンコ機だ。スペックは1/256のミドルタイプと、1/99.9の遊パチタイプの2機種をラインナップ。両スペックともに確変は次回継続タイプとなっている。小当たりや潜伏確変など一切排除した、誰でも安心して遊技できる。

大当たり中も右打ちすることなく、左打ちのまま遊技できる点も魅力の一つとなっている。保留は8個交互入賞タイプだ。新機能「キノポックルート」と呼ばれる、ワープルートを搭載。コミカルな玉の動きでステージへと運んでくれるぞ。上手くステージ奥のスタート入賞口に入ると5個賞球の恩恵を受けることができる仕組みになっている。

全体的なゲージは辛目で、ワープルートからのステージ経由もほとんど運任せの部分がある。ゾウさんの鼻の部分にある黒い可動板に玉が乗ったらステージ奥の入賞口に到達するので、保留状況を見ながらしっかりとした止め打ちをお勧めしたい。またステージ手前に転がってきた玉もヘソへ向かう、わずかながらのチャンスがある。全体的には技術介入要素の少ない、遊びやすいパチンコ台といった印象だ。

CRピカれ!まるまるアイランド(藤商事)筐体画像
大当たり確率 1/256(確変中:1/28) 
確率変動確率 58% 
賞球数 5&3&4&10&13 
初当たり時メイン出玉 約540個 
備考1 通常大当たり終了後、100回転の時短 
備考2 【ヘソ・電チュー入賞時の大当たり振り分け】
16R確変(約1450個時短:次回まで):43.0%
6R確変(約540個時短:次回まで):7.5%
2R確変(実質出玉なし時短:次回まで):7.5%
6R通常(約540個時短:100回):42.0% 

参考になったらSNSでシェアお願いします!

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめパチスロ台

  • CR Another(藤商事)

    本機は、学園ホラーサスペンスの傑作として小説や漫画、テレビアニメなどでも展開されたコンテンツとのタイアップ機。藤商事が得意とする怖い系のパチンコだ。スペックは実質大当たり約1/194の1種2種複合機だ。トータル継続率は6…

  • CR地獄少女 弐(藤商事)

    【大当たり確率】1/289(確変中:1/117) 【確変率】50% 【賞球数】1&3&5&10&14 【平均出玉】約1080個 【時短】大当たり終了後、100回の時短 【ホール導入日】2015/04/20~ 【バージョン…

  • CR喰霊-零-(藤商事)

    本機は2008年に放送され、来年には10周年を迎える人気アニメとのタイアップ機。また2017年10月よりBS11にて再放送も予定されている。 スペックは大当たり確率1/286、確変突入率83%・継続率約64.9%・100…

  • CR萌エキサイト(藤商事)

    本機は2015年に登場した『CREXCITE』と、萌えキャラを融合した藤商事のオリジナルマシンだ。一見、アレパチ風の盤面ではあるが、特に難しい要素はなく誰にでも安心して遊技できる台だ。スペックは大当たり確率約1/99.9…

  • CR EXCITE(藤商事)

    往年の名機種が蘇る!本機種はそのキャッチフレーズ通りの作りになっている。当時の記憶が鮮明に思い出されるアイキャッチが最高! 連続ピュイ音から始めるドキドキ感は、1990年代にホールを揺るがした『エキサイト』そのもの。盤面…

  • CR仄暗い水の底から(藤商事)

    本機は2002年に公開された、「リング」の作者・鈴木光司氏が手掛けた感動ホラー映画「仄暗い水の底から」とのタイアップ機。スペックは1/319のミドルタイプST機で、ST回数は100回。ST突入率は80%で継続率は64.6…

  • CR緋弾のアリア(藤商事)

    【大当たり確率】1/297(確変中:1/91) 【確変率】ヘソ:64%、電チュー:100%(125回転のST) 【賞球数】2 & 3 & 9 & 10 & 12 & 15…

  • パチンコCR呪怨(藤商事)

    【大当たり確率】1/390 (確変中:1/39) 【確変率】77% 【賞球数】3 & 10 & 15 【平均出玉】5R:約630個、10R:約1260個、15R:約1900個 【時短】大当たり終了後、…

新着パチンコ解析攻略

ホール導入日

このページTOPへ ↑