CR烈火の炎2(平和)攻略解析、スペックや機種詳細

  • ホール導入日:2016年06月13日
  • 販売メーカー:平和

独特のテイストで人気を博した初代『CR烈火の炎』の二代目となるの今作は、ミドルスペックとなって登場。注目すべきは『CR黄門ちゃま超寿』に搭載された「ゴチ装置」の進化系「バーニングユニット」が搭載された点だ。16R大当たり中に分岐点で玉が振り分けられ、アタッカー方向とは逆の「火影ルート」に玉が流れると貯留ポケットに玉が一旦貯留され、2Rに1回の割合で一気に玉が放出される(最大貯留7個まで確認)。このバーニングユニットによって、ST中の16R大当たりのインパクトは絶大だ。

演出面では多彩なチャンスステージが見どころ。中でも「火竜ZONE」や「超火竜ZONE」といった、大チャンス演出が興奮度満点だ。そして大当たり中や電サポ中の楽曲がいい。知る人ぞ知る、日本を代表するロックグループ・ラウドネスの代表曲「InTheMirror」が搭載されている。他にも、アメリカのロックバンド・ナイトレンジャーの楽曲である「Dont’tellmeyouloveme」も搭載。思わずボリュームを上げて遊技したくなる名曲ばかりだ。

ステージ性能も含めた全体的なゲージは辛目なので、十分なヘソサイズの台で遊技してもらいたい。また、大当たり中は「バーニングユニット」にガンガン玉を詰め込むことが重要となるだろう。

CR烈火の炎2(平和)筐体画像
大当たり確率 1/319.7(確変中:1/95.8) 
確率変動確率 60% 
賞球数 1&3&4&15 
初当たり時メイン出玉 約1800個 
備考1 確率変動は、100回転まで
ST継続率:約65% 
備考2 大当たり終了後、50回or100回転の時短 
備考3 【ヘソ入賞時の大当たり振り分け】
14R確変(実質12R約1800個時短:100回):24%
13R確変(実質12R約1800個時短:100回):36%
14R通常(実質6R約900個時短:50回):16%
13R通常(実質6R約900個時短:50回):24%

【電チュー入賞時の大当たり振り分け】
16R確変(約2400個時短:100回):80%
13R確変(約450個時短:100回):20% 

パチンコ攻略解析に関するコメント欄



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

CR烈火の炎2(平和)と同一メーカーのパチンコ台

パチンコ台を検索で探す

新着パチンコ台情報