パチンコCRルパン三世 ~消されたルパン~(平和)攻略解析、スペックや機種詳細

  • ホール導入日:2013年11月18日
  • 販売メーカー:平和
ルパン三世 ~消されたルパン~
  • 【大当たり確率】1/394.8 (確変中:1/39.5)
  • 【確変率】82%
  • 【賞球数】2 & 3 & 10 & 15
  • 【平均出玉】4R:約469個、6R:約703個、8R:約937個、10R:約1172個、15R:約1758個
  • 【時短】大当たり終了後、20回 or 40回 or 60回転の時短
  • 【ホール導入日】2013/11/18~
  • 【バージョン】CRルパン三世~消されたルパン~H9AZ1、M9AZ

新筐体「GOLDENROCK」に身を包『CRルパン三世 ~消されたルパン~』が登場。今作から始めて搭載された「カウントアップボーナス」には変幻自在のRUSH演出を搭載。また本機種の醍醐味であるゴールデンタイムは2つの遊び方をプレイヤーが選択できる。本機の世界観は、存在を消されたルパン一味が『世界一の大泥棒ルパン3世のプライドを賭けた挑戦を始める』そんな新たなストーリーで展開される。

スペックは平和らしいMAXタイプとミドルの2つがあり、MAXタイプは大当たり確率1/394.8、確変継続率82%、電チューからの大当たりの70%が2000発オーバーと現行機種の中でも最高の爆発力を持つ。一方ミドルタイプは1/299.3、確変継続率77%、電チューからの大当たりの60%が2000発オーバーと遊びやすさと出玉のバランスが取れている。遊技台を選択する時の注意は、優秀なステージ性能が殺されていないかどうか。ステージからの入賞が多いほど回転率は高くなるはず。ここからが少ないと苦戦は必至。爆発力が高い分だけハマリも深め。よって通常時の回転率には注意したい。

【パチンコCRルパン三世 ~消されたルパン~(平和)ボーダーライン】

  • 4.0円=17.7回
  • 3.5円=19.3回
  • 3.0円=21.1回
  • 2.5円=23.4回

【ヘソ入賞時の大当たり振り分け】

  • 13R確変(実質10R分 約1220個):34%
  • 8R確変1(実質4R分 約490個):7%
  • 8R確変2(実質4R分 約490個):31%
  • 4R確変(実質出玉なし):9%
  • 2R確変(実質出玉なし):1%
  • 8R通常(実質4R分 約490個):18%

【電チュー入賞時の大当たり振り分け】

  • 15R確変(約1840個):50%
  • 10R確変(約1220個):2%
  • 8R確変(約970個):2%
  • 6R確変(約730個):8%
  • 4R確変(約490個):9%
  • 2R確変(実質出玉なし):11%
  • 2R通常(実質出玉なし):18%

パチンコCRルパン三世 ~消されたルパン~(平和)PV

パチンコ攻略解析に関するコメント欄



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

パチンコCRルパン三世 ~消されたルパン~(平和)と同一メーカーのパチンコ台

パチンコ台を検索で探す

新着パチンコ台情報