パチンコCR戦国乙女3(平和)攻略解析、スペックや機種詳細

  • ホール導入日:2013年05月07日
  • 販売メーカー:平和
戦国乙女3
  • 【大当たり確率】1/399.6 (確変中:1/68.4)
  • 【確変率】100%(100回転まで)
  • 【賞球数】3 & 2 & 10 & 14
  • 【平均出玉】4R:約470個、16R:約1870個
  • 【時短】大当たり終了後、22回 or 100回転の時短
  • 【ホール導入日】2013/05/07~
  • 【バージョン】M9AY、H9AY

乙女シリーズとしては、初スペックとなる大当たり確率1/399.6(確変中:1/68.4)ST100回転というマックスタイプ。継続率は77%で、ST中の大当たりの77%が出玉約2000個という爆発力が魅力となっている。スペック違いとして、大当たり確率1/299.2(確変中:1/78.9)、ST継続率72%のミドルタイプも発売する。

大当たりから突入する「乙女乱舞モード」は、乙女コンビネーションSTシステムを搭載。1回転~50回転は単独行動、それ以降は二人行動と演出が変化する。モード中の大当たりラウンドで好きな乙女を選択し楽しめる点もファン目線だ。通常時の演出も映像をフルリニューアル。国内最高レベルの映像制作会社「白組」が担当した3DCGで戦国乙女の世界観がたっぷり堪能できる。進化した「ストック連続予告」や、お馴染み「のぼり連続予告」、先読みの「萌えZONE」といくら打っても決して飽きることのない作りこまれたゲーム性の『CR戦国乙女3』。

【CR戦国乙女3(平和)ボーダーライン】

  • 2.3円=25回
  • 2.5円=24回
  • 3.0円=23回
  • 3.5円=20回
  • 4.0円=19回

【ヘソ入賞時の大当たり振り分け】

  • 16R確変A(約1870個):20%
  • 16R確変B(実質4R 約460個):57%
  • 4R確変A(約460個):13%
  • 4R確変B(約460個):10%

【電チュー入賞時の大当たり振り分け】

  • 16R確変C(約1870個):77%
  • 4R確変C(約460個):23%

パチンコCR戦国乙女3(平和)PV

パチンコ攻略解析に関するコメント欄



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

パチンコCR戦国乙女3(平和)と同一メーカーのパチンコ台

パチンコ台を検索で探す

新着パチンコ台情報