CRぱちんこ テラフォーマーズ(京楽)攻略解析、スペックや機種詳細

  • ホール導入日:2016年12月05日
  • 販売メーカー:京楽

本機は累計発行部数1600万部を超える人気コミック「テラフォーマーズ」のタイアップ機だ。パチスロに続き、ついにパチンコでも登場。本機『CRぱちんこテラフォーマーズ』の最大の魅力はそのスペックで、右打ち中の大当たりはすべて16Rの出玉約2400個となっている点だ。大当たり確率約1/319.7、確変突入率約51%のST機だ。ST回数は150回で、その継続率は約65%となっている。ST非突入の場合は100回の時短が付く。

演出面では、『テラフォーマーズ』専用枠に搭載された特徴あるギミックの数々により、ゲーム展開と連動した動きが楽しめる。例えば「人為変態ギミック」で「テラフォーマーバトルリーチ」へと発展。さらに「極限人為変態ギミック」で「極限人為変態リーチ」へと発展する。ギミックを長押しする際の手に伝わるバイブレーションも心地いい。また「テラフォーマーアタック」発動によって「テラフォーマー」のギミックと連動する大当たり演出は爽快感抜群だ。

実戦ではSTが150回と長く、また電チュー性能もあまりよい方ではないので、電サポ中の玉減りには十分注意して欲しい。アタッカー性能は玉がこぼれるポイントが少なく非常に優秀とみた。またステージ性能も個体差があり、強力な台も存在するかもしれない。ただし、ステージとヘソとの距離が長いため、弾かれてしまう場面も少なからずあるだろう。少しでも上げ調整されている遊技台で実戦したいものだ。

CRぱちんこ テラフォーマーズ(京楽)筐体画像
大当たり確率 1/319.7(確変中:1/143.7) 
確率変動確率 51% 
賞球数 4&2&3&5&15 
初当たり時メイン出玉 約1050個 
備考1 確率変動は、150回転まで
ST継続率:約65% 
備考2 通常大当たり終了後、100回転の時短 
備考3 【ヘソ入賞時の大当たり振り分け】
7R確変(約1050個時短:次回まで):51%
7R通常(約1050個時短:100回):49%

【電チュー入賞時の大当たり振り分け】
16R確変(約2400個時短:次回まで):100% 

パチンコ攻略解析に関するコメント欄



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

CRぱちんこ テラフォーマーズ(京楽)と同一メーカーのパチンコ台

パチンコ台を検索で探す

新着パチンコ台情報