CRギルティクラウン(メーシー)の攻略解析、スペック、みんなの評価、ホール導入日紹介

本機は同名人気アニメコンテンツとのタイアップ機。スペックは大当たり確率約1/319.7、確変突入率60%のループタイプだ。右打ち中の出玉あり大当たりはすべて15Rとなっているのが特徴。またダブルアタッカーと高速消化電チューを採用することによって、爽快感あふれる遊技が楽しめる。

演出面ではVPシステムと呼ばれる先読み演出を搭載。画面上にVPをストックし、その後の展開を示唆。VPストック数は多いほどチャンスだ。VPは全部で6種類あり、その種類によって「保留変化」「疑似連発生」等の先読みが発生するシステムだ。他にも「いのりゾーン」や「集ゾーン」といったチャンスゾーンも搭載されている。

実戦で注意したいポイントは、初当たり時には確変であっても電サポが付かない場合もあるので、即止めは厳禁だ。「REDLINEMODE」に突入した際には、少なくともモードが抜けるまでデジタルを回そう。ダブルアタッカーはオーバー入賞も可能なので、是非チャレンジして欲しい。

CRギルティクラウン(メーシー)筐体画像
大当たり確率 1/319.7(確変中:1/54.1)
確率変動確率 60%
賞球数 4&1&3&15
初当たり時メイン出玉
備考1 通常大当たり終了後、0回or100回転の時短

時短「GUILTY CROWN RUSH」は確変の可能性があり、消化中に確変「PREMIMU LIVE」へ昇格することも!? 100回転消化後の終了画面では、ボタン演出成功で確変に昇格!? 最終出目に7が含まれていると激熱!

確変「PREMIUM LIVE」中の大当りは「SUPER GUILTY CROWN BONUS(15ラウンド大当り)」と出玉ナシ確変大当りの2種類。SUPER GUILTY CROWN BONUS中は「SUPER GUILTY CROWN BONUS」と書かれたプレートを獲得できれば、再度SUPER GUILTY CROWN BONUSが当選、つまり確変継続が確定する。プレートを獲得できなかった場合は、100回転の時短「GUILTY CROWN RUSH」へ突入。ただし内部的に確変の可能性も残されているので、引き戻しに期待

ユーザー評価

良かった点天サポ確変に入ったら2000発確定がいいね ギルクラの歌が好きだから楽しめるし、演出がわかりやすいね バトルチャレンジだっけ?リーチ終了後のアレ、負けても電サポなし大当たりなんだね。 負けたからハズレかと思った

悪かった点いのりゾーン弱くない?

良かった点それ以前の話

悪かった点ダメだ。ウチの田舎にゃ置いてねぇ。 つぅかメーシーの台すら置いてねぇ。 珍しく新台連発してるのに置いてねぇ。

良かった点無い

悪かった点まず社員が自腹でうちに行け。当然できるだろ。

良かった点全くなし。

悪かった点スペックが最悪。よくこんな台を開発したのかそれが驚愕。

良かった点ゴミ

悪かった点当たりもしない台置いとくなや!うるせぇしつまんねぇよ

良かった点歌、調子乗った時の出玉感

悪かった点st中の当たらない演出、当たる演出が分かりやすすぎてドキドキが無い

良かった点右打ち

悪かった点当たりもしないのにいちいちストック2、擬似2のキャラ系リーチ止まりが多いにはいらっとしました。

良かった点定番のコメントだが・・・ない

悪かった点ギルティクラウンの名前要らないんじゃない?ってくらい演出少なくて虚しい台。 500回転で高演出は1回。 「集ゾーン」→「エウテルペの金文字」で外れ VP? ももきゅんの演出の方がマシ

良かった点歌がいい

悪かった点歌以外ごみ

良かった点皆無

悪かった点通常当たりの糞出玉と時短無し、演出もつまらん。

良かった点あるわけがない

悪かった点演出がなさすぎ 当たる気配もない まじで初めてここまでクソだと思った 2度と打ちません

良かった点確変入れば2000発。

悪かった点なんだろう。。 やっぱり新基準のスペックおかしくない?? どんだけ打っても確変突入率がどんどん足らなくなる。昨日も2台あり、自分が3連単後に4回目でやっと確変。 隣も3連単後に4回目でラッシュ突入。 両方2〜3連で終了。 その後は1000越えへGO。

良かった点ギルティクラウンってとこだけ

悪かった点演出がなんも起きない。 まじで暇すぎるしギルティクラウン好きなら打たない方がいい 演出何も見れないから

良かった点歌?

悪かった点単発www

良かった点絵がきれい

悪かった点パチンコ開発者はこの台を打つべき! 何をやっちゃいけないかがこの台を打てばわかる。

良かった点ダブルアタッカー

悪かった点全部、とにかく全部 ひたすら何も起きず数字がクルクルしてるのを、お金を払って眺める作業 ってか、このスペック何やねん メーシーはもうパチンコつくんなや 機械代が客の負担になるんやぞ! 潰れてしまえ糞メーカー!!!!

良かった点いのりがかわいい

悪かった点このスペックはやばいね なんで潜伏なんてつけた 通常の擬似煽り、パネル煽りがうざい 機体と演出が全体的に安っぽい ギルクラじゃなかったら打たなかった もう打たない

良かった点本日初打ち2玉目で緑保留から入ってよくわからないけど確変いって5連したけど、歌がよかった。

悪かった点まだ負けてないからよくわからない。てかパチンコじたいあまりやらないけど、ギルティクラウン好きだからつい打ってみた。

良かった点

悪かった点通常つまんない。 クソ出玉時短なしがgmすぎて笑えない

良かった点皆無

悪かった点通常の糞出玉と時短無しのスペックが最悪のカス機種

良かった点版権

悪かった点エウテルペ外すか普通?

良かった点典型的な糞台

悪かった点糞台のお手本を作るメーカーが作ってるんだからそりゃあね〜(笑)

良かった点チャイム

悪かった点通常が修行すぎる。 チャイムしか記憶にない。

良かった点無い

悪かった点全メーカー大好きな先読み、擬似、もはや何の価値もない。いまやストレスしかたまらない。 イチイチ煽るな。どの台も色も煽りも同じ。 つまらねえ。もう全メーカー海作っとけ。違いがわからんから。

良かった点出玉感がある 久々一撃で3万発でた

悪かった点特になし こんなもんだと思う

良かった点ない。

悪かった点色でしか表現できない表現力の無さ。 最強リーチすら色を付けないと表現できない。 ハズレパターンとして、全部白にするワンパターン。飽きたわ。

良かった点出玉も最高

悪かった点当たった後ほとんどの確率で時短スタートがちょっと

良かった点なし

悪かった点ライト初打ち、我慢して150回転打ってみたが、リーチはノーマルリーチすら無し、保留変化無し、擬似連なし リーチがかかれば当たるんだろうけど、リーチかからんから当たらない リーチ天井とか作ればいいのにね

良かった点ゴミな所

悪かった点原作を汚したクソ台

良かった点音楽、全回転

悪かった点演出バランス意味不明、無意味VRストックの多さ、点滅と青保留の鬱陶しさ、無駄疑似の多さ、外れ同色先読み、演出の手抜き満載、ハイワロ発展なんて当たらないし、最初から最後まで熱いんじゃねって演出きても当たらん、というよりも何が来ようがストーリー中にスピーカー作動しなきゃ殆ど外れってのが…いのりZONEから囚われたいのり赤タイトル赤テロップ赤カットイン赤ボタンプスン、こんなんのが3連続起こった、赤になる意味なくね?1000回転近く回してまだ当たってないからだろうけど、普通におもんない、ストーリー中にVR残っててもドキドキしないし、色々と残念過ぎだよこれ

良かった点なし

悪かった点存在

良かった点なし

悪かった点演出バランス悪すぎ あと初当たりが他の機種に比べて異常に重い これはポンコツだわ

良かった点作品

悪かった点全部 ゴミ、履歴で当たり朝イチ千回オーバー ハマりにハマり続けるクソ台 これクソ台の殿堂入り候補

良かった点ゴミ

悪かった点初当たりの異常な重さ、単発率の高さ、確変入っても2連の連発、当たりまで遠いのに確変は一瞬、何が面白いんだよこれ?バカじゃねぇの?ギルクラば汚してんじゃねぇよ!糞メーカー

良かった点台パン超推奨台 自分の拳をものすごく鍛えられる台

悪かった点祝最高出玉600 時計を直せないクズな台となっております

参考になったらSNSでシェアお願いします!

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめパチスロ台

  • CRえとたま(メーシー)

    『CRえとたま』は、人気アニメ「えとたま」をモチーフとした萌え系パチンコ機だ。大当たり確率1/149のライトミドルタイプのST機で、RUSHに突入すると20回のSTと、80回の時短が付いてくる。ライトミドルタイプながらア…

  • CRダーカーザンブラック -黒の契約者-(メーシー)

    本機は、2007年にテレビ放送され人気を博した「DARKERTHANBLACK−黒の契約者−」のタイアップ機だ。予告やリーチ全般に渡りファン納得の1台に仕上がっている。スペックは大当たり確率約1/159、確変割合50%の…

  • CRアナザーゴッドハーデス アドベント(メーシー)

    スロットで人気を博した『アナザーゴッドハーデス』が遂にパチンコで登場。スロットでお馴染みの演出に加え、パチンコならではの魅力を追加。もちろん「フリーズ演出」はなども搭載されている。スペックは大当たり確率約1/319.7、…

新着パチンコ解析攻略

ホール導入日

このページTOPへ ↑