CRコブラ〜追憶のシンフォニア〜(ニューギン)攻略解析、スペックや機種詳細

  • ホール導入日:2017年04月03日
  • 販売メーカー:ニューギン

本機は2012年以来、約5年振りとなる「コブラ」シリーズの最新作で、今作で4作目となる。『花の慶次』と並ぶニューギンのビッグコンテンツの一つだ。スペックは大当たり確率1/319.68、確変突入・継続率ともに50%の確変ループタイプだ。確変割合が50%と低めながらも、右打ち中の大当たりは(特図2)すべて16Rなのだ。通常大当たり後の時短は80回となっている。

演出面での見どころはやはり4大サイコー演出の一つ「怒りのサイコガンリーチ」や「2.5D背景」など。またCOBRAファン待望のエピソードも2つ収録されている。確変「COBRATHERUSH」中は、回転数に応じて演出も変化する。1〜79回転までは「コブラ・ザ・ランデブー」で、ミッションクリアを目指す。80回転以降の「コブラ・ザ・バトル」はバトル勝利を目指そう。

全体的なゲージ、ステージ性能はけっしてよいとは言えないので、出玉に惑わされない台選びが必要となる。電サポ中のスルーもかなりきつめとなっているので注意が必要だ。アタッカー性能は非常にいいが、右へのこぼれも多い。ただしアタッカー右のおまけ入賞口は5個賞球となっているので、十分吟味した上で台選びを行って欲しい。

CRコブラ〜追憶のシンフォニア〜(ニューギン)筐体画像
大当たり確率 1/319.68(確変中:1/115.17) 
確率変動確率 50% 
賞球数 4&1&5&15 
初当たり時メイン出玉 約1050個 
備考1 通常大当たり終了後、100回転の時短 
備考2 【ヘソ入賞時の大当たり振り分け】
16R確変(約2400個時短:次回まで):5%
実質4R確変(約600個時短:次回まで):25%
実質出玉なし確変(時短:次回まで):20%
実質7R通常(約1050個時短:80回):50%

【電チュー入賞時の大当たり振り分け】
16R確変(約2400個時短:次回まで):50%
16R通常(約2400個時短:80回):50% 

パチンコ攻略解析に関するコメント欄



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

CRコブラ〜追憶のシンフォニア〜(ニューギン)と同一メーカーのパチンコ台

パチンコ台を検索で探す

新着パチンコ台情報