ぱちんこCRガオガオキング2(サミー)攻略解析、スペックや機種詳細

  • ホール導入日:2016年07月19日
  • 販売メーカー:サミー

『ぱちんこCRガオガオキング2』は、前作『ガオガオキング』同様、メインのデジタルはドラム。さらに新しく加わった4thリールによってMAXラインリーチなど、より多彩な演出を楽しめるようになった。もちろん、出現すれば激アツのドデカ図柄も健在だ。

スペックは1/199.8のライトミドルと1/99.9の遊パチの2機種をラインナップ。2スペックともに大当たり後は必ず50回転のSTへと突入する。さらにドデカ図柄で大当たりすれば電サポも100回まで延長。8個保留と相まって16R(遊パチは15R)の比率も高めだが、遊パチタイプは確変継続率も50%と穏やかなスペックなので過度の期待は禁物。回る台を探し、じっくりと勝負したい1台だ。

実戦では特に2段階のステージに注目しよう。手前ステージは自力乗り上げも多少ながら期待できる。電チュー性能はスルー経由からはストレートに入るようなイメージなので、特にスルーの調整には気を配りたい。またアタッカー性能自体は非常に優秀だが、アタッカー脇の寄り釘がポイント。ここがマイナス調整になってしまうと、アタッカーへの入賞が激減してしまうので注意が必要だ。

ぱちんこCRガオガオキング2(サミー)筐体画像
大当たり確率 1/99.9(確変中:1/72.6) 
確率変動確率 100% 
賞球数 1&3&4&10 
初当たり時メイン出玉 約420個 
備考1 確率変動は、50回転まで
ST継続率:約50% 
備考2 大当たり終了後、50回or100回転の時短 
備考3 【ヘソ入賞時の大当たり振り分け】
15R確変(約1050個時短:100回):15%
15R確変(約1050個時短:50回):15%
6R確変(約420個時短:50回):70%

【電チュー入賞時の大当たり振り分け】
15R確変(約1050個時短:100回):25%
15R確変(約1050個時短:50回):25%
6R確変(約420個時短:50回):50% 

パチンコ攻略解析に関するコメント欄



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ぱちんこCRガオガオキング2(サミー)と同一メーカーのパチンコ台

パチンコ台を検索で探す

新着パチンコ台情報