デジハネCRAくだもの畑(サミー)攻略解析、スペックや機種詳細

  • ホール導入日:2016年12月19日
  • 販売メーカー:サミー

本機は名機と呼ばれた『CRくだもの畑』が21年の時を経て復活したリバイバルマシンだ。スペックこそ違えど、シンプルなドラムアクションは健在。大当たり確率は約1/99.9の遊パチタイプで、大当たり終了後は10回転のSTへ突入する。ST終了後にはさらに40回の時短が付く。8個保留からなる15R比率も20%と、近年のデジハネとしては高めの設定だ。

演出面ではシンプルな予告とリーチによって初代『CRくだもの畑』に限りなく近づけたと言えよう。また変動中のボタン長押しで予告演出を完全カットすることができる「クラシックモード」も搭載されている。

実機は比較的甘目のゲージ構成だ。ワープの抜けがよい台ならば、2段階で構成されたステージが勝利の鍵を握るだろう。個体差もあり、ステージ止めは率先して行おう。また、台によっては手前ステージへ自力乗り上げすることも確認済みだ。アタッカー性能も優秀だが、アタッカー周辺の寄り釘には十分注意して台選びをして欲しい。

デジハネCRAくだもの畑(サミー)筐体画像
大当たり確率 1/99.9(確変中:1/16.2) 
確率変動確率 100% 
賞球数 1&3&4&5&10 
初当たり時メイン出玉 約420個 
備考1 確率変動は、10回転まで
ST継続率:約47% 
備考2 大当たり終了後、40回転の時短 
備考3 【ヘソ・電チュー入賞時の大当たり振り分け】
15R確変(約1050個時短:40回):20%
6R確変(約420個時短:40回):80% 

パチンコ攻略解析に関するコメント欄



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

デジハネCRAくだもの畑(サミー)と同一メーカーのパチンコ台

パチンコ台を検索で探す

新着パチンコ台情報