CRフィーバー夢福神(SANKYO)の攻略解析、スペック、みんなの評価、ホール導入日紹介

『CRフィーバー夢福神』はSANKYOのオリジナルキャラ、夢夢ちゃんが活躍する新機種だ。メインのデジタルとなる部分をドットで表現し、ユニークで飽きのこない遊技台に仕上がっている。スペックはライトミドルと遊パチの2機種で、どちらも15回転のSTと時短が付く仕様だ。またヘソ賞球が5個となっている点も見逃せない。

特徴としては、大当たりの約4回に1回がノーマルリーチからの当たりということ。ST中はリーチがかかれば45%以上の期待度がある。ST前半7回転はノーマルリーチのみの演出で、後半8回転は夢夢ちゃんの顔が揃えば大当たりとなる。シンプルな作りながらも、光れば大当たり必至の「的告知ランプ」や、役物「SP発展七福神」など、ドット以外に注目すべき箇所も多い。

実戦ではヘソ5個賞球を活かした立ち回りをして欲しい。ゆらゆらと長く動くステージも特徴的で、可動式の上段ステージではうまくカモメに乗ればほぼ間違いなくヘソへと直接向かうルートが存在。下段ステージは個体差もあり、保留点灯状況を鑑みながらの止め打ちは必須だ。保留および上・下段のステージでの玉の動きを追いながら上手に玉を打ち出して、節約と回転率アップを計ろう。

CRフィーバー夢福神(SANKYO)筐体画像
大当たり確率 1/149.6(確変中:1/19.6) 
確率変動確率 100% 
賞球数 1&5&10 
初当たり時メイン出玉 約1200個 
備考1 確率変動は、15回転まで
ST+時短継続率:約64% 
備考2 大当たり終了後、50回転の時短 
備考3 【ヘソ・電チュー入賞時の大当たり振り分け】
15R確変(約1200個時短:50回):40%
10R確変(約800個時短:50回):35%
5R確変(約400個時短:50回):25% 

参考になったらSNSでシェアお願いします!

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめパチスロ台

  • CRフィーバー倖田來未4 LEGEND LIVE(SANKYO)

    【大当たり確率】1/319.6(確変中:1/32.0) 【確変率】70% 【賞球数】1 & 3 & 10 & 12 【平均出玉】約1530個 【時短】大当たり終了後、100回 【ホール導入日…

  • CRフィーバータイガーマスク3-ONLY ONE-(SANKYO)

    『CRフィーバータイガーマスク2』から約3年振りに復活した本機は、スペックも大きく変貌を遂げての登場だ。前作のマックスタイプとは異なり、少ない大当たり出玉をコツコツと増やしていくゲーム性。図柄揃い確率は約1/256で、「…

  • CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア(SANKYO)

    2012年に放送され、第2期「G」、第3期「GX」と放送され、今夏には第4期「AXZ」の放送が予定されている人気アニメとのタイアップ機。 スペックは大当たり確率1/199.8の1種+2種タイプ。初当たり後は主に時短1回(…

  • CRバニー&バニー(SANKYO)

    本機種は1993年に登場した権利物『バニーズ』のリメイク機だ。ドットを採用することによって、当時の雰囲気を継承しつつ現代にマッチした作りとなっている。スペックは合算大当たり確率約1/114の『A』と約1/79.9の『G』…

  • フィーバーモーレツ宇宙海賊(SANKYO)

    【大当たり確率】1/297.8(確変中:1/98.4) 【確変率】100%(110回転まで) 【賞球数】3 & 2 & 10 & 14 【平均出玉】約1000個 【時短】大当たり終了後、11…

  • CRフィーバーサムライブレード(SANKYO)

    本機はSANKYOオリジナルのコンテンツで、新感覚のゲーム性を備えた唯一無二のパチンコ機。パズルとバトル、そしてRPG要素の3つを柱とした独自の世界観がプレーヤーを魅了する。スペックは大当たり確率約1/199.8、V-R…

  • CRフィーバー a-nation(SANKYO)

    『CRフィーバーa-nation』はSANKYOが得意とする歌パチで、2002年に開始された日本最大級の音楽イベント「a-nation」とタッグを組んだタイアップ機だ。出演アーティストの中から15組をピックアップし、その…

  • フィーバーパワフルDX(SANKYO)

    【大当たり確率】1/99.9(確変中:1/12.0) 【確変率】100%(8回転ST) 【賞球数】3&10&12 【平均出玉】約500個 【時短】大当たり終了後、25回 or 50回 or 100回の時短 【ホール導入日…

新着パチンコ解析攻略

ホール導入日

このページTOPへ ↑