CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア(SANKYO)攻略解析、スペックや機種詳細

  • ホール導入日:2017年08月21日
  • 販売メーカー:SANKYO

2012年に放送され、第2期「G」、第3期「GX」と放送され、今夏には第4期「AXZ」の放送が予定されている人気アニメとのタイアップ機。

スペックは大当たり確率1/199.8の1種+2種タイプ。初当たり後は主に時短1回(+保留最大4個)の「最終決戦」に突入し、ここで引き戻せば時短7回(+保留最大4個)の「シンフォギアチャンス」に突入する。それぞれの継続率は最終決戦が約51%、シンフォギアチャンスは約80%(保留4個時)。シンフォギアチャンスは5名の選択キャラによって異なるゲーム性が楽しめ、さらに最終変動の7回転目はリーチ濃厚で期待度50%超と最後まで期待できるようになっている。

出玉面では出玉上乗せの「V-COMBO」や、大当りを上乗せする「V-STOCK」、さらにはV-STOCK2個以上濃厚となる「エクスドライブ」を搭載している。

演出ではあらゆるタイミングで発動する「絶唱」が激アツで、「絶唱ゾーン」や「絶唱リーチ」も期待大。また楽曲が流れればチャンス到来で、「聖詠」なら期待大、「楽曲連続予告」は歌が続くほど信頼度が上昇していく。

CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア(SANKYO)筐体画像
大当たり確率 1/199.8(確変中:1/7.4[電サポ中図柄揃い確率]) 
確率変動確率  
賞球数 4&1&3&14 
初当たり時メイン出玉 約390個 
備考1 最終決戦継続率(保留最大時):約51% 
備考2 シンフォギアチャンス突入率:約52%
シンフォギアチャンズ継続率(時短7回):約64%
保留最大時引き戻し率:44% 
備考3 【ヘソ入賞時の大当たり振り分け】
15R(約1470個時短:7回):1%
4R(約390個時短:1回):99%

【電チュー入賞時の大当たり振り分け】
15R(約1470個時短:7回):40%
12R(約1170個時短:7回):3%
8R(約780個時短:7回):7%
4R(約390個時短:7回):50% 

CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア(SANKYO)のユーザー評価

  • 投稿日:2017年08月06日 ぷぷぷさん

    ミドルエヴァ千円6回転さて、これはいくら回るかな?4回転くらいかw?

    1

    いいね!

  • 投稿日:2017年08月05日 ねねさん

    サンキョーの199なんて回る台1つもあった覚えないわヤマトオンリーワンが今や5連以下しかない確率関係無しの詐欺メーカーだろ

    4

    いいね!

  • 投稿日:2017年08月01日 名無しさん

    どの台も煩さと眩しさの狂った演出からの信頼度が伴っていない。一切ガセの無い台にしてほしい。期待できないなら何もいらん。しょーもない動きは一切要らない。いい加減ちょっとくらいおもしろい台を作れや。

    7

    いいね!

パチンコ攻略解析に関するコメント欄



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア(SANKYO)と同一メーカーのパチンコ台

パチンコ台を検索で探す

新着パチンコ台情報