CRフィーバークィーン2(SANKYO)攻略解析、スペックや機種詳細

  • ホール導入日:2014年11月17日
  • 販売メーカー:SANKYO
CRフィーバークィーン2
  • 【大当たり確率】1/99.9(確変中:1/12.0)
  • 【確変率】100%(8回まで)
  • 【賞球数】3 & 10 & 11
  • 【平均出玉】約440個
  • 【時短】大当たり終了後、40回 or 100回の時短
  • 【ホール導入日】2014/11/17~
  • 【バージョン】CRフィーバークィーン

SANKYO(三共)の新台『CRフィーバークィーン2』は往年の名機フィーバークイーンの復刻版で、大当たり確率1/99.9の甘デジタイプ。デジタル化してしまった液晶パチンコとは異なり、ドラムリールが回転して様々なアクションを起こすのは、デジタルに慣れてしまった世代には新鮮な演出。

ホール導入台数は約10,000台を予定しており、図柄もトランプを模したものなので親しみやすい。演出に派手さはないものの、レトロな感覚は昔のパチンコを思い出させる。私も始めて打ったのがフィーバークイーンなので一度は打つ事になるだろう。

CRフィーバークィーン2(SANKYO)ボーダーライン

  • 3.0円:24回転
  • 4.0円等価:22回転

CRフィーバークィーン2(SANKYO)ヘソ入賞の大当たり振り分】

  • 16R確変(約1400個 時短:100回):11%
  • 5R通常(約440 時短:40回):89%

CRフィーバークィーン2(SANKYO)電チュー入賞の大当たり振り分け

  • 16R確変(約1400個 時短:100回):11%
  • 5R通常(約440 時短:40回):89%

CRフィーバークィーン2(SANKYO)の予告演出

保留変化先読み予告

保留変化の色:その他<赤保留

バウンド前兆先読み予告

演出パターン:通常<強パターン

カウントダウン前兆先読み予告

カウントダウン形式での前兆で、0に近づくほどチャンス

CRフィーバークィーン2(SANKYO)のリーチ演出

シングルリーチ(信頼度:約5%)

ドラムがシングルラインでテンパイする

ダブルリーチ(信頼度:約10%)

ドラムがダブルラインでテンパイする

全回転リーチ(信頼度:100%)

3つのドラムの図柄が揃ったまま回転する

パチンコ攻略解析に関するコメント欄



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

CRフィーバークィーン2(SANKYO)と同一メーカーのパチンコ台

パチンコ台を検索で探す

新着パチンコ台情報