CR牙狼闇を照らす者(サンセイR&D)の攻略解析、スペック、みんなの評価、ホール導入日紹介

本機種は2014年に登場し、今なお人気が衰えることがない『CR牙狼金色になれ』を新基準に対応したリユース機。基本となる演出は『CR牙狼金色になれ』を継承したものとなっている。大当たり確率はマックスタイプから1/319.68へと変更になり、遊びやすくなった。これまでマックスタイプを敬遠していたプレーヤーにも是非とも遊技してもらいたい1台だ。

基本的な遊び方も同じで、大当たりとなれば51%の割合でSTへと突入する。ST回数は161回。ST非突入では時短100回となるところは変わらない。電チューでの大当たりでは100%ST突入となり、出玉もすべて16Rとなっている点も同じだ。ただし、アタッカー賞球が9カウント14個戻しと、いくぶん少な目である。またST中の大当たり確率も1/154.20へと変更になっているため、ST継続率は77%から65%へと下がっている点も遊技する上で注意したいポイントだ。

出玉性能では若干スペックダウンしたものの、ステージ、電チュー、アタッカー性能等は変わらず優秀である。またヘソ賞球が4個となっているため、玉持ちがよいのも特徴だ。ステージ止め、電サポ中の玉増えを駆使して勝率アップを計ろう。

CR牙狼闇を照らす者(サンセイR&D)筐体画像
大当たり確率 1/319.68(確変中:1/154.20) 
確率変動確率 51% 
賞球数 4&3&14 
初当たり時メイン出玉 約1470個 
備考1 確率変動は、161回転まで
ST継続率:約65% 
備考2 大当たり終了後、100回or161回転の時短 
備考3 【ヘソ入賞時の大当たり振り分け】
16R確変(約1810個時短:161回):41%
実質15R確変(約1700個時短:161回):10%
実質13R通常(約1470個時短:100回):49%

【電チュー入賞時の大当たり振り分け】
16R確変(約1810個時短:161回):100% 

参考になったらSNSでシェアお願いします!

この記事へのコメント

おすすめパチスロ台

  • CR牙狼外伝 桃幻の笛(サンセイR&D)

    【大当たり確率】1/99.9(確変中:1/9.99) 【確変率】20%(時間制のST) 【賞球数】3 & 2 & 10 & 15 【平均出玉】1R:約50個、2R:約100個 【時短】時短な…

  • CR牙狼復刻版XX(サンセイR&D)

    『CR牙狼復刻版XX』は、2007年に登場した初代『CR牙狼XX』の完全復刻盤である。全演出を完全リマスターし、より繊細な映像へと蘇った。スペックは大当たり確率1/208.71のライトミドルタイプとしながらも、魔戒チャン…

  • CR牙狼金色になれ(サンセイR&D)

    【大当たり確率】1/399.60(確変中:1/109.59) 【確変率】77%(161回転) 【賞球数】3 & 10 & 15 【平均出玉】約1570個 【時短】大当たり終了後、100回 or 161回 【ホール導入日】…

  • パチンコCR GI DREAM ~最強馬決定戦~(サンセイR&D)

    【大当たり確率】1/399.60 (確変中:1/43.98) 【確変率】連闘チャンス突入率:50%、継続率:80% 【賞球数】3 & 10 & 14 【平均出玉】約1810個 【時短】連闘チャンス終了…

  • CR牙狼GOLDSTORM翔(サンセイR&D)

    本機は『牙狼』シリーズ累計7弾目となるマシン。ガロ専用筺体「金翔」をまとった今作はシリーズ最高傑作と呼んでもいいだろう。スペックは大当たり確率約1/319、ST突入率61%で、電チュー入賞時は82%となる。ST回数は18…

  • CRキャプテン翼黄金世代の鼓動 パチンコ

    サンセイよりパチンコ新台【CRキャプテン翼黄金世代の鼓動】が2018年5月7日より導入開始! 人気コンテンツ「キャプテン翼」が新筐体「ライジングサンセイ」で登場! 当ページでは、【CRキャプテン翼黄金世代の鼓動】のスペッ…

  • パチンコCR魔戒決戦牙王(サンセイR&D)

    【大当たり確率】1/240.05 【確変率】魔開チャンス突入率:50%、継続率82% 【賞球数】2 & 3 & 10 & 15 【平均出玉】約1400個 【時短】なし 【ホール導入日】201…

  • CR金田一少年の事件簿〜地獄の傀儡師〜(サンセイR&D)

    原作はシリーズ累計9000万部を誇る超人気推理漫画で、2013年に登場した『CR金田一少年の事件簿』に続くシリーズ第2弾だ。 スペックは大当たり確率1/318.13、確変突入率52・次回まで継続するループタイプ。右打ち中…

新着パチンコ解析攻略

ホール導入日

このページTOPへ ↑