パチンコCRA小龍包(サンセイR&D)攻略解析、スペックや機種詳細

  • ホール導入日:2013年03月18日
  • 販売メーカー:サンセイR&D
CR小龍包
  • 【大当たり確率】1/72.01 (確変中:1/25.70)
  • 【確変率】100%(10回転まで)
  • 【賞球数】3 & 10 & 12
  • 【平均出玉】4R:約320個、11R:約880個
  • 【時短】チャンスタイム中大当り後 or 一部11R大当り終了後、67回転の時短
  • 【ホール導入日】2013/03/18~
  • 【バージョン】RR

『CR小龍包』は、「サンセイクラッシックコレクション」第3弾となるオールドファン待望のパチンコ機。一般電役機として、コアなファンを多数獲得した伝説の名機『小籠包』。その2013年バージョンなのだ。すでに『CRがきデカ』『CRオークス』を送り出しているので、サンセイのクラッシックコレクションとしては、第3弾となる。

スペックは、一般電役とは違うが、遊びやすさを徹底的に追求したもの。大当たり確率1/72.01(確変中:1/25.70)、100%突入のST10回転。さらに条件によっては、時短67回転も付く。1回辺りの出玉は決して多い部類ではないが、その分遊びやすさは抜群と言える。ゲーム性は可愛いキャラのロンパオが大活躍。ドット風味のアクションと融合した楽しい液晶が素敵だ。大当たりラウンド中には、懐かしいパチンコ台『ショウロンポウ2』をロンパオ達が遊技する演出が最高に楽しい。初当たり確率が非常に甘いので、展開によっては、少量出玉のST機種とは思えない出玉感も味わえるはずだ。

【ボーダーライン】

  • 2.3円=22回
  • 2.5円=21回
  • 3.0円=20回
  • 3.5円=19回
  • 4.0円=18回

【ヘソ入賞時の大当たり振り分け】

  • 11R確変(約950個 ST10回+時短67回):2%
  • 11R確変(約950個 ST10回 時短なし):23%
  • 4R確変(約340個 ST10回 時短なし):75%

【電チュー入賞時の大当たり振り分け】

  • 11R確変(約950個 ST10回+時短67回):25%
  • 4R確変(約340個 ST10回+時短67回):75%

パチンコ攻略解析に関するコメント欄



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

パチンコCRA小龍包(サンセイR&D)と同一メーカーのパチンコ台

パチンコ台を検索で探す

新着パチンコ台情報