CRスーパー海物語(三洋物産)攻略解析、スペックや機種詳細

  • ホール導入日:2016年08月15日
  • 販売メーカー:三洋物産

2006年に登場した初代『CRス―パー海物語』が完全復活。シリーズの原点となる『CRスーパー海物語』は、その後『CRスーパー海物語IN沖縄』や『CRスーパー海物語INJAPAN』などの後継機が登場。スペックは王道ミドルタイプともいえる約1/319の大当たり確率で、確変割合は54%だ。突確などの出玉なし当たりを排除した安心設計だ。大当たりラウンドも全て15Rとし、時短回数も100回となっている。

演出もこれまで通り3つのモードを搭載。王道の「海モード」に、マリンちゃんの仕草や表情がポイントの「マリンモード」、ステップが進むほどチャンスアップする「ハワイモード」など、初代そのままの演出で3モードを再現している。

やはり『海物語』といえばステージ性能に着目。ステージへの自力乗り上げも非常に多く、良好なステージ性能と相まってライバルと大きく差をつけることができる。

CRスーパー海物語(三洋物産)筐体画像
大当たり確率 1/319.6(確変中:1/31.9) 
確率変動確率 54% 
賞球数 3&12 
初当たり時メイン出玉 約1620個 
備考1 通常大当たり終了後、100回転の時短 
備考2 【ヘソ・電チュー入賞時の大当たり振り分け】
15R確変(約1620個時短:次回まで):54%
15R通常(約1620個時短:100回):46% 

パチンコ攻略解析に関するコメント欄



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

CRスーパー海物語(三洋物産)と同一メーカーのパチンコ台

パチンコ台を検索で探す

新着パチンコ台情報