フィーバーパワフルDX(SANKYO)攻略解析、スペックや機種詳細

  • ホール導入日:2015年02月23日
  • 販売メーカー:SANKYO
フィーバーパワフル
  • 【大当たり確率】1/99.9(確変中:1/12.0)
  • 【確変率】100%(8回転ST)
  • 【賞球数】3&10&12
  • 【平均出玉】約500個
  • 【時短】大当たり終了後、25回 or 50回 or 100回の時短
  • 【ホール導入日】2015/02/23~
  • 【バージョン】フィーバーパワフル DX

SANKYOの新台『フィーバーパワフルDX』は元祖パワフルの良さを活かした台で、初代で好評だったリーチアクションなどがそのまま搭載されている。激アツのメロン越えも搭載されているので、メロンを過ぎたら大当たりの期待大のアツイ展開が再び味わえる

スペックは大当たり確率1/99.9(確変中1/12)、確変突入率100%の8回転ST搭載、時短は25or50or100回継続する甘デジタイプ。15R当たりの振り分けが約15%近くあるので出玉率もそこそこ良い。ワープルートに玉が抜ける台を選ぶと回転効率が格段に高くなる

フィーバーパワフル(SANKYO)ボーダーライン

  • 3.0円:19.0回転
  • 4.0円等価:17.2回転

フィーバーパワフル(SANKYO)ヘソ入賞の大当たり振り分】

  • 15R確変(約1260個 時短:100回):12.9%
  • 6R確変(約500個 時短:50回):48.5%
  • 4R確変(約330個 時短:25回):38.6%

フィーバーパワフル(SANKYO)電チュー入賞の大当たり振り分け

  • 15R確変(約1260個 時短:100回):14.9%
  • 6R確変(約500個 時短:50回):47.5%
  • 4R確変(約330個 時短:25回):37.6%

フィーバーパワフル(SANKYO)の大当たり演出

7図柄大当り

7図柄揃いは揃ったラインの数でラウンド数や時短回数が変化する。複数ラインの方が15Rに期待でき、ALL7揃いは15R+100回転の時短が確定する

ALLフルーツ

全てのコマにフルーツが停止したら15R確定

フィーバーパワフル(SANKYO)のモード

選べる通常モード

通常時は夢夢ちゃん・ナナちゃん・ジャムちゃんの3人が活躍するパワフルモードと、往年の演出を再現したクラシカルモードから任意に選択できる

夢夢タイム

全ての大当たり後に突入する8回転のSTと最大100回継続する時短がついたモード

フィーバーパワフル(SANKYO)の予告演出

御鈴廊下背景

連続すれば大チャンスとなる背景先読み演出

保留変化予告

保留の色で信頼度を示唆しており、白<青<緑<赤の順に信頼度がアップする

かっとびモード

突入するだけで期待できる保留先読み演出

ナナカフェモード

保留先読みモードの一つで、ナナちゃんが演出を変化させる

キャラカットイン予告

ステップアップ演出の一つで、ステップ3まで発展すれば期待度アップ

4分割パネル予告

パネルが4つに分割される演出で、金パネルが選択されたら激アツ

枠スライド予告

背景がフルーツ柄だと激アツ

ミニキャラ群予告

図柄テンパイ時にミニキャラ群発生で大チャンス、小夢夢群だと激アツ

枠シャッター予告

シャッターの種類が重要となり、CHANCE以外だと信頼度アップ

メロン越え予告

メロンを超えたら大当たりの期待大となる激アツ演出

フィーバーパワフル(SANKYO)のリーチ演出

ノーマルリーチ

クラシカルモードでは7が多ければチャンスとなるリーチで。メロンを過ぎたら期待度が一気に上がる

オールフルーツリーチ

パワフル定番のリーチで、出現しただけで期待できる

ズームリーチ

絵柄がズームアップしていく演出

夢夢系リーチ

スペース追っかけと超かっとびの2種類あり、後者の方が大当たりに期待できる

ナナ系リーチ

フルーツパフェとオーシャンの2種類あり、後者の方が大当たりに期待できる

ジャム系リーチ

ピンボールと超ヒップの2種類あり、後者の方が大当たりに期待できる

トリプルかっとびリーチ

3人が協力する激アツリーチで、タイトルの色が赤やフルーツなら期待度さらにアップ

シャイニングスターチャンス

レバーを引いて7が揃えば大当たりとなる一発告知演出

パチンコ新台「フィーバーパワフル(SANKYO)」動画

パチンコ攻略解析に関するコメント欄



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィーバーパワフルDX(SANKYO)と同一メーカーのパチンコ台

パチンコ台を検索で探す

新着パチンコ台情報