パチンコCR弾球黙示録カイジ沼3(高尾)攻略解析、スペックや機種詳細

  • ホール導入日:2017年03月21日
  • 販売メーカー:高尾

「カイジ沼シリーズ」第3弾となる本機は、前作のST機から確変ループタイプに変更となっての登場だ。盤面もこれまでのダークなイメージとは変わって、明るい印象を受ける。そのスペックは大当たり確率1/319.9、確変突入率51.5%とし、時短も含めた沼RUSH継続率は約65%となっている。確変比率は51.5%と控えめだが、その分電チューでの大当たりはすべて16Rと申し分ない。

演出面ではお馴染み「キレパンダ」や「イチゴ柄」も健在。リーチはすべて玉が入るか否かの「沼リーチ」で構成されており、さまざまなクルーンや仕掛けが登場する。中でも、シリーズ初となる実写クルーンは見応え十分で、加えて「歴代沼リーチ」「突アタッシュケース」など、懐かしい演出も見ることができるぞ。

ゲージやステージ性能はあまりよいとはいえないが、アタッカー性能だけは抜群にいい。「玉喰い沼ゲージ」と名付けられており、アタッカーまでの玉のこぼしが殆ど無いのが特徴。そのアタッカーも小さいながら十分にオーバー入賞が狙える。実戦では盤面左側の寄り釘に注意して台選びを行って欲しい。

パチンコCR弾球黙示録カイジ沼3(高尾)筐体画像
大当たり確率 1/319.9(確変中:1/59.5) 
確率変動確率 51.5% 
賞球数 4&1&3&14 
初当たり時メイン出玉 約560個 
備考1 沼RUSH継続率:約65% 
備考2 通常大当たり終了後、0回or100回転の時短 
備考3 【ヘソ入賞時の大当たり振り分け】
16R確変(約2240個時短:次回まで):37.5%
4R確変(約560個時短:なし※内部高確時は次回まで):14.0%
4R通常(約560個時短:なし※内部高確時は100回):48.5%

【電チュー入賞時の大当たり振り分け】
16R確変(約2240個時短:次回まで):51.5%
16R通常(約2240個時短:100回):48.5% 

パチンコ攻略解析に関するコメント欄



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

パチンコCR弾球黙示録カイジ沼3(高尾)と同一メーカーのパチンコ台

パチンコ台を検索で探す

新着パチンコ台情報