パチンコCR一騎当千 SS2(高尾)攻略解析、スペックや機種詳細

  • ホール導入日:2013年12月16日
  • 販売メーカー:高尾
一騎当千 SS2
  • 【大当たり確率】1/390.0 (確変中:1/99.5)
  • 【確変率】54.0%(162回転まで)ST継続率 約100%
  • 【賞球数】3 & 15
  • 【平均出玉】2R:約234個、10R:約1172個、15R:約1758個
  • 【時短】大当り終了後、100回転の時短
  • 【ホール導入日】2013/12/16~
  • 【バージョン】一騎当千 SS2 WLC、WXC、WXB

前作の一騎当千に比べ、SS2は美麗液晶が8倍進化。登場キャラクターも18人から35人に増加している。スペックも大きく変わり、ロングSTスペックがこれまでになかった形に進化。ST継続率100%(MAXタイプ)の爆発力が大きな魅力。V確変タイプとしてはパチンコ史上初の完全左打ち仕様で、潜伏や突確当選時にも打ち替える必要がない。

一騎当千 SS2のスペックは3種類あり、MAXタイプのWXBは大当たり確率1/390(確変中:99.5 ST突入率54% ST継続率80.5%)、同じくMAXタイプでST突入率が優遇されているWXCは大当たり確率1/390(確変中:88.4 ST突入率67.2% ST継続率80.1%)、WLCは確率1/199.8(確変中:101.7 ST突入率56% ST継続率70%)のライトミドルタイプになる。ゲーム性は同一なので、好みに応じて出玉性能を選んでいただきたい。約3分に1回訪れる1/15の特殊演出も単調になりがちな通常時を盛り上げてくれる。原作の世界観を忠実に再現した予告やリーチアクションも満載。とりわけ「桃園の誓い」は見どころだ。

【パチンコCR一騎当千 SS2(高尾)ボーダーライン】

  • 4.0円=18.6回
  • 3.5円=20.3回
  • 3.0円=22.2回
  • 2.5円=24.6回

【ヘソ入賞時の大当たり振り分け】

  • 15R確変(ST):24%
  • 10R確変(ST):37.2%
  • 2R確変(ST):0.4%
  • 2R潜確(初回のみで電サポ無しST):5.6%
  • 10R通常:32.8%

【電チュー入賞時の大当たり振り分け】

  • 15R確変(ST):72%
  • 10R確変(ST):20%
  • 2R確変(ST):8%

パチンコCR一騎当千 SS2(高尾)PV

パチンコ攻略解析に関するコメント欄



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

パチンコCR一騎当千 SS2(高尾)と同一メーカーのパチンコ台

パチンコ台を検索で探す

新着パチンコ台情報