CRグレート・ザ・キング(ジェイビー)の攻略解析、スペック、みんなの評価、ホール導入日紹介

本機種はドラムの王道スペックという名にふさわしい。大当たり確率1/99.9(高確率1/12.0)100%突入のST8回転、全大当たりに時短付きという仕様は、甘デジの中でも最も遊びやすく、ホールでの人気も高い。

潜伏や小当たりがないので、万人向けの外連味のない出玉性能となっている。しかも8個保留を採用したため、スピード感もあり無駄玉も出にくい。

16ラウンド+電チューサポート100回転の割合は約13%もあり、ヒキがよければ甘デジとは言えない出玉を獲得することも可能。

すでに同社の『フィーバークィーン』で実績のあるスペックに加え、ゲーム性も一新し、2015年にふさわしい予告やリーチアクションを搭載している。

盤面はグレートにバージョンアップしており、「王冠ランプ」や激アツの「キングエンブレム落下」など見どころも多い。設置されたアタッカーは何と驚きの約11センチというサイズで、出玉性能も抜群。

演出面では「7テンパイリーチ」や「赤系予告出現」に期待すべし。保留赤や赤フラッシュは大チャンスとなる。またドラムならではの連続演出や先読みアクションも楽しい。

安定した出玉性能の機種だが、じっくりと遊ぶためには、通常時の回転率が重要になる。ステージからの入賞が多く、8個保留が活きる台ならば申し分ないだろう。

CRグレート・ザ・キング(ジェイビー)筐体画像
大当たり確率 1/99.9(確変中:1/12.0) 
確率変動確率 100% 
賞球数 3&7&10 
初当たり時メイン出玉 約400個 
備考1 確率変動は、8回転まで 
備考2 大当たり終了後、50回or100回転の時短 
備考3 【ヘソ・電チュー入賞時の大当たり振り分け】
16R確変(約1280個時短:100回):13%
5R確変(約400個時短:50回):87% 

参考になったらSNSでシェアお願いします!

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめパチスロ台

  • CRフィーバークィーン 2018(ジェイビー)

    本機はSANKYOが誇るドラムの名機『フィーバークィーン』シーリズの第8弾。ラインナップは大当たり確率1/106.0の『2018』と、大当たり確率1/219.6の『2018ZERO』の2タイプで、どちらも確変突入率100…

  • CR新夏祭り(ジェイビー)

    本機はSANKYOブランドとして過去に登場した「夏祭り」シリーズの最新作だ。今作からはジェイビーのオリジナルマシンとしての登場となる。スペックは大当たり確率約1/316.5のミドルタイプと、大当たり確率約1/199.8の…

  • CRパトラッシュJ(ジェイビー)

    元祖ST機といえば『CRパトラッシュ』を思い浮かべるプレーヤーも多いだろう。初代から9年の時を経て蘇った『CRパトラッシュJ』。シリーズ最高傑作の出来栄えだ。派手さの中にもシンプルで飽きのこないゲーム性がウリだった初代の…

  • CRうちのポチーズ(ジェイビー)

    【大当たり確率】V入賞で大当たり 【確変率】非搭載 【賞球数】5 & 10 【平均出玉】約500個 【時短】時短無し 【ホール導入日】2014/05/19~ 【バージョン】CRうちのポチーズ RX、DX ジェイ…

  • CRフィーバーパワフル 2018(ジェイビー)

    本機は1992年に登場した初代より続いている「パワフルシリーズ」の記念すべき10作目となるマシン。スペックは大当たり確率1/99.9の『CRフィーバーパワフル2018』、大当たり確率1/199.8でヘソ賞球6個の『CRフ…

  • CRフィーバークィーンII(ジェイビー)

    本機は2014年に発売された『CRフィーバークィーン』の後継機だ。初代『フィーバークィーン』を踏襲しながらも、前作同様に甘デジスペックのみのラインアップ。大当たり確率約1/99.9、ST突入率100%・ST回数8回転とな…

  • サンダードラゴン(ジェイビー)

    『サンダードラゴン』は、1991年に発売されるやいなや絶大な人気を得、現在でも語り継がれる同名機種のリメイク機だ。スペシャルルートを新設した以外は、左右に動く砲台や、「ゴッドハンド」と名付けられた手の役物など、当時の面影…

  • CRフェスティバルDD(ジェイビー)

    本機は1993年に登場し、3連独立ドットという異色デジタルと数珠連で人気を集めたSANKYOの『フィーバーフェスティバルI』のリメイクマシン。 スペックは大当たり確率1/199.78、確変突入率100%の転落抽選タイプ。…

新着パチンコ解析攻略

ホール導入日

このページTOPへ ↑