CRフィーバーマイケル・ジャクソン(SANKYO)の攻略解析、スペック、みんなの評価、ホール導入日紹介

本機は1971年にデビューし、「Thriller」や「BillieJean」などのヒット曲で世界中で大ブームを巻き起こしたキング・オブ・ポップことマイケル・ジャクソンとのタイアップ機。

スペックは大当たり確率1/319.7、確変突入率65%・次回まで継続する王道の確変ループタイプ。電サポ中は約2000個獲得できる16R大当たりの割合が50%もある。確変は2種類あり、奇数図柄揃い後は「SEVENJUDGMENT」、2R確変後は「KINGOFPOP」に突入。SEVENJUDGMENTはリーチは7図柄のみで、当たれば16R、規定回数消化でKINGOFPOPに以降する仕組みだ。なお通常大当たり時は100回転の時短が付く。

演出は「BillieJean」「BAD」など9つのヒット曲を収録。さらに実写PVシーンなども多数搭載されている。さらにダンスや名曲を使った高信頼度演出「伝説のトースタージャンプ予告」「MOONWALK」「スリラーリーチ」にも注目だ。

CRフィーバーマイケル・ジャクソン(SANKYO)筐体画像
大当たり確率 1/319.7(確変中:1/46.6) 
確率変動確率 65% 
賞球数 4&1&3&14 
初当たり時メイン出玉 約750個 
備考1 通常大当たり終了後、100回転の時短 
備考2 【ヘソ入賞時の大当たり振り分け】
6R確変(約750個時短:次回まで):55%
2R確変(約90個時短:次回まで):10%
6R通常(約750個時短:100回):35%

【電チュー入賞時の大当たり振り分け】
16R確変(約2010個時短:次回まで):50%
4R確変(約500個時短:次回まで):15%
4R通常(約500個時短:100回):35% 

CRフィーバーマイケル・ジャクソン(SANKYO)のユーザー評価

参考になったらSNSでシェアお願いします!

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめパチスロ台

  • フィーバーモーレツ宇宙海賊(SANKYO)

    【大当たり確率】1/297.8(確変中:1/98.4) 【確変率】100%(110回転まで) 【賞球数】3 & 2 & 10 & 14 【平均出玉】約1000個 【時短】大当たり終了後、11…

  • CRフィーバーサムライブレード(SANKYO)

    本機はSANKYOオリジナルのコンテンツで、新感覚のゲーム性を備えた唯一無二のパチンコ機。パズルとバトル、そしてRPG要素の3つを柱とした独自の世界観がプレーヤーを魅了する。スペックは大当たり確率約1/199.8、V-R…

  • CRフィーバー夢福神(SANKYO)

    『CRフィーバー夢福神』はSANKYOのオリジナルキャラ、夢夢ちゃんが活躍する新機種だ。メインのデジタルとなる部分をドットで表現し、ユニークで飽きのこない遊技台に仕上がっている。スペックはライトミドルと遊パチの2機種で、…

  • CRFスターウォーズBattle of DarthVader(SANKYO)

    【大当たり確率】1/199.8(確変中:1/198.2) 【確変率】51%(継続率80.2%) 【賞球数】1&3&10&12 【平均出玉】約380個 【時短】大当たり終了後、0 or 100回の時短 【ホール導入日】20…

  • フィーバー涼宮ハルヒの憂鬱(SANKYO)

    【大当たり確率】1/239(右打ち中:V入賞で当たり) 【北高祭突入率】53% 【賞球数】3 & 10 & 15 【平均出玉】約1080個 【時短】右打ちは大当たり終了後、99回の時短扱い 【ホール導…

  • CRバニー&バニー(SANKYO)

    本機種は1993年に登場した権利物『バニーズ』のリメイク機だ。ドットを採用することによって、当時の雰囲気を継承しつつ現代にマッチした作りとなっている。スペックは合算大当たり確率約1/114の『A』と約1/79.9の『G』…

  • CRフィーバークィーン2(SANKYO)

    【大当たり確率】1/99.9(確変中:1/12.0) 【確変率】100%(8回まで) 【賞球数】3 & 10 & 11 【平均出玉】約440個 【時短】大当たり終了後、40回 or 100回の時短 【ホール導入日】201…

  • CRフィーバー海猿(SANKYO)

    【大当たり確率】1/297.3(確変中:1/65.2) 【確変率】100%(70回転) 【賞球数】3 & 2 & 10 & 14 【平均出玉】8R:約870個、16R:約1741個 【時短】…

新着パチンコ解析攻略

ホール導入日

このページTOPへ ↑