CR火曜サスペンス劇場 真相の扉〜22の過ち〜(タイヨーエレック)攻略解析、スペックや機種詳細

本機は2013年に登場して人気を博した『CR火曜サスペンス劇場』の後継機だ。今作では総勢22人もの犯人が登場し、息詰まる心理戦を展開。もちろん、事件解決の鍵を握るのは「崖」。いつもの名コンビが事件解決へと導く単純明快なストーリーで、いかなるプレーヤーにも分かりやすいゲーム性となっている。

スペックは大当たり確率1/299.3の確変突入率62%のループタイプだ。確変で大当たりすれば次回までの電サポとなり、通常大当たりでは100回の時短が付く分かりやすいスペックとなっている。電チュー入賞時の大当たりでは15Rの比率が55%と爆発力も兼ね備えている。演出面では、やはり「崖」に注目。ギミックもさらにパワーアップし、思わず見とれてしまうほどだ。

実戦では個体差のあるステージとともにヘソ4個賞球の意識したステージ止めを駆使して立ち回ろう。また電サポ中はスルーと電チューの間にある賞球口(3個戻し)もポイントだ。

CR火曜サスペンス劇場 真相の扉〜22の過ち〜(タイヨーエレック)筐体画像
大当たり確率 1/299.3(確変中:1/48.4) 
確率変動確率 62% 
賞球数 4&1&3&13 
初当たり時メイン出玉 約930個 
備考1 通常大当たり終了後、100回転の時短 
備考2 【ヘソ入賞時の大当たり振り分け】
15R確変(約1400個時短:次回まで):25%
10R確変(約930個時短:次回まで):5%
崖ボーナス[4Ror8Ror15R](約370個or740個or1400個時短:次回まで):10%
出玉なし確変(時短:次回まで):22%
10R通常(約930個時短:100回):38%

【電チュー入賞時の大当たり振り分け】
15R確変(約1400個時短:次回まで):55%
10R確変(約930個時短:次回まで):1%
出玉なし確変(時短:次回まで):6%
10R通常(約930個時短:100回):38% 

パチンコ攻略解析に関するコメント欄



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

CR火曜サスペンス劇場 真相の扉〜22の過ち〜(タイヨーエレック)と同一メーカーのパチンコ台

パチンコ台を検索で探す

新着パチンコ台情報