CR仄暗い水の底から(藤商事)の攻略解析、スペック、みんなの評価、ホール導入日紹介

本機は2002年に公開された、「リング」の作者・鈴木光司氏が手掛けた感動ホラー映画「仄暗い水の底から」とのタイアップ機。スペックは1/319のミドルタイプST機で、ST回数は100回。ST突入率は80%で継続率は64.6%だ。電サポはST・時短ともに100回となっている。右打ち時の大当たりはすべて15Rの出玉が獲得できる。

演出は通常時から4つのチャンネルを選択可能で、メインとサブ液晶画面でリーチを楽しむことができる。2つの液晶で演出にズレが生じたらチャンスだ。期待度60%オーバーを誇る「停電クラッシュ予告」は必見で、他にも「美津子ギミック」や「タイトルロゴギミック」など見どころ満載だ。また、ホラー要素だけでなく、母と子の愛を描いた演出も楽しんでもらいたい。映画ファンの方にもお勧めの1台だ。

本機はST機ではあるが、ST突入後の右打ち中の大当たりには20%の通常大当たりが含まれているので注意して欲しい。ステージ性能も含めた全体的なゲージもあまり良好とはいえないので、寄り釘などに注意して台選びを行おう。しかしながら、ヘソ賞球5個に加え、アタッカーの性能が非常によく、またこぼれるポイントも少ないため、全体的には甘い印象を受ける。ただし、電チュー賞球が1個なので玉減りには十分注意して欲しい。

CR仄暗い水の底から(藤商事)筐体画像
大当たり確率 1/319(確変中:1/60) 
確率変動確率 80% 
賞球数 1&4&5&12 
初当たり時メイン出玉 約670個 
備考1 確率変動は、100回転まで
ST継続率:約64.6% 
備考2 大当たり終了後、100回転の時短 
備考3 【ヘソ入賞時の大当たり振り分け】
10R確変(実質7R約670個時短:100回):80%
10R通常(実質7R約670個時短:100回):20%

【電チュー入賞時の大当たり振り分け】
15R確変(約1440個時短:100回):80%
15R通常(約1440個時短:100回):20% 

参考になったらSNSでシェアお願いします!

この記事へのコメント

おすすめパチスロ台

  • CR Another(藤商事)

    本機は、学園ホラーサスペンスの傑作として小説や漫画、テレビアニメなどでも展開されたコンテンツとのタイアップ機。藤商事が得意とする怖い系のパチンコだ。スペックは実質大当たり約1/194の1種2種複合機だ。トータル継続率は6…

  • パチンコCR新アレジン(藤商事)

    【大当たり確率】1/256 (確変中:1/35) 【確変率】73.3%(天国モードループ率:78%) 【賞球数】2 & 3 & 10 & 15 【平均出玉】4R:約469個、12R:約140…

  • CRクルクルセブン(藤商事)

    本機はクルーンと7セグを搭載した藤商事オリジナルマシン。クルーンに入賞することによってデジタルが始動、シンプルな演出と当たりやすい確率、さらに懐かしい盤面デザインと相まって幅広いユーザーに支持されること受けあいだ。スペッ…

  • CRマジョカマジョルナ(藤商事)

    本機は『CRAクリスタル&ドラゴン』『CRAヘルプ!!!恋が丘学園おたすけ部』に続くパチンコ×ソーシャルゲームシリーズの第3弾。コンテンツは異なるものの、シリーズを通したゲーム性は継承しながらさらなる進化を遂げている。ス…

  • CR戦国†恋姫(藤商事)

    本機は2013年に発売された人気PCゲームのタイアップ機で、総勢48名の恋姫たちが活躍する萌え系パチンコ機だ。本機の一番の特徴としては、大当たりとなり「夢幻円舞BONUS」に突入すると「連撃ラウンドシステム」と呼ばれる連…

  • CR萌え萌え大戦争ぱちんこば〜ん(藤商事)

    本機は2007年に発売されたウォーシュミレーションアドベンチャーゲーム「萌え萌え2次大戦(略)」からスタートし、これまでに4タイトルを展開している「萌え戦シリーズ」とのタイアップ機。スペックは大当たり確率約1/199.8…

  • CR ZETMAN(ゼットマン) The Animation(藤商事)

    【大当たり確率】1/399.610 (確変中:1/102.400) 【確変率】62.5%(150回転) 【賞球数】3 & 7 & 10 & 15 【平均出玉】約1440個 【時短】大当たり終…

  • CRリング 終焉ノ刻(藤商事)

    デビュー10周年を迎えた本機は、集大成ともいうべきシリーズ最恐演出を搭載。何といっても目を引くのが新筺体「CrystalAir(クリスタルエアー)」だ。盤面内には液晶ディフォーム機能が搭載され、液晶画面が突如19インチに…

新着パチンコ解析攻略

ホール導入日

このページTOPへ ↑