CRフィーバー a-nation(SANKYO)の攻略解析、スペック、みんなの評価、ホール導入日紹介

『CRフィーバーa-nation』はSANKYOが得意とする歌パチで、2002年に開始された日本最大級の音楽イベント「a-nation」とタッグを組んだタイアップ機だ。出演アーティストの中から15組をピックアップし、その代表曲となる計45曲を実機に搭載。もちろん楽曲はプレーヤー自身が選曲できるようになっている。

スペックは大当たり確率約1/319で100%STへ突入する仕組みだ。電サポは100回で前半の33回がSTゾーンとなっており、この間の大当たり確率は約1/32となっている。ST回数は少なめだが、高い大当たり確率なので、十分連チャンの期待がもてる。ST33回以降は67回の時短が付き、合わせて100回の電サポが付くことになる。

歌パチながらSANKYOが得意とする8ラインデジタルを採用。『フィーバーパワフル』でお馴染みの「オールフルーツリーチ」も搭載。もちろん「メロン越え」は熱いぞ。

CRフィーバー a-nation(SANKYO)筐体画像
大当たり確率 1/319.7(確変中:1/32.0) 
確率変動確率 100% 
賞球数 1&3&5&13 
初当たり時メイン出玉 約650個 
備考1 確率変動は、33回転まで
ST継続率:約65% 
備考2 大当たり終了後、100回転の時短 
備考3 【ヘソ入賞時の大当たり振り分け】
15R確変(約1950個時短:100回):5%
5R確変(約650個時短:100回):95%

【電チュー入賞時の大当たり振り分け】
15R確変(約1950個時短:100回):70%
5R確変(実質4R約520個時短:100回):30% 

参考になったらSNSでシェアお願いします!

この記事へのコメント

おすすめパチスロ台

  • CRフィーバータイガーマスク3-ONLY ONE-(SANKYO)

    『CRフィーバータイガーマスク2』から約3年振りに復活した本機は、スペックも大きく変貌を遂げての登場だ。前作のマックスタイプとは異なり、少ない大当たり出玉をコツコツと増やしていくゲーム性。図柄揃い確率は約1/256で、「…

  • CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア(SANKYO)

    2012年に放送され、第2期「G」、第3期「GX」と放送され、今夏には第4期「AXZ」の放送が予定されている人気アニメとのタイアップ機。 スペックは大当たり確率1/199.8の1種+2種タイプ。初当たり後は主に時短1回(…

  • CRフィーバー機動戦士ガンダム−LAST SHOOTING−(SANKYO)

    今作でシリーズ3作目となった『CRフィーバー機動戦士ガンダム-LASTSHOOTING-』はミドルタイプのST機だ。特筆すべき点は、やはりヘソ賞球5個であろう。2個ないし3個戻しが主流の中にあって、あえて5個賞球にするこ…

  • CRドラムゴルゴ13 パチンコ

    SANKYOよりパチンコ新台【CRドラムゴルゴ13】が2018年10月9日より導入開始! 本機は日本最長寿漫画「ゴルゴ13」のタイアップ機で、同機は大当たり確率159.8分の1の旧1種2種混合タイプ。 当ページでは、【C…

  • フィーバーパワフルDX(SANKYO)

    【大当たり確率】1/99.9(確変中:1/12.0) 【確変率】100%(8回転ST) 【賞球数】3&10&12 【平均出玉】約500個 【時短】大当たり終了後、25回 or 50回 or 100回の時短 【ホール導入日…

  • FEVER KODA KUMI V SPECIAL LIVE BIG or SMALL(SANKYO)

    2007年に登場した『CRフィーバー倖田來未』から数えて、本機でシリーズ5作目となる。最新作はこれまでの「歌パチ」路線を継承しながらも、新キャラクターKLOOPを加え、イメージも一新されて「新生歌パチ」となっての登場だ。…

  • CRフィーバーマイケル・ジャクソン(SANKYO)

    本機は1971年にデビューし、「Thriller」や「BillieJean」などのヒット曲で世界中で大ブームを巻き起こしたキング・オブ・ポップことマイケル・ジャクソンとのタイアップ機。 スペックは大当たり確率1/319.…

  • CRFバイオハザードリベレーションズ パチンコ

    SANKYOよりパチンコ新台【CRフィーバーバイオハザードリベレーションズ】が2017年月日より導入開始! 本機は人気ゲーム「バイオハザード」シリーズの「バイオハザードリベレーションズ」がパチンコ化! 当ページでは、【C…

新着パチンコ解析攻略

ホール導入日

このページTOPへ ↑