CRA花の慶次SP~琉(ニューギン)の攻略解析、スペック、みんなの評価、ホール導入日紹介

  • 【大当たり確率】1/89.89(確変中:1/89.77)
  • 【確変率】100%(143回まで)
  • 【賞球数】2 & 3 & 8 & 9
  • 【平均出玉】約430個
  • 【時短】大当たり終了後、0回 or 143回
  • 【ホール導入日】2014/07/07~
  • 【バージョン】CRA花の慶次SP~琉 N-K、CR花の慶次SP~琉 H-K

ニューギンの新台『CRA花の慶次SP~琉』は、戦国パチンコというジャンルを定着させたメガヒットシリーズ『パチンコ花の慶次』の2014年バージョンで、琉球編をモチーフにしたパチンコ機。今作は大当たり確率1/89.89、電チューサポート突入率50%、継続率約80%の甘デジタイプと、大当たり確率1/149.97、電チューサポート突入率87%、継続率約81%のライトミドルタイプの二つを同時発売している。

どちらも、高継続スペックであり、展開によっては甘い初当たり確率のアシストで、満足のいく出玉を獲得できるはずだ。基本的なゲーム性は同じなので好みによってどちらを選んでも良い。とくに甘デジタイプは、初当たりが軽い分だけ、長時間楽しめる可能性が強いのでオススメとなる。遊技台を選択する場合は、ステージ性能の個体差に注意しよう。スルーが抜けにくいマイナス調整されている台だと苦戦は必至となる。打つ前によく釘を見ておくべし。

[adsense]

【CRA花の慶次SP~琉(ニューギン)ボーダーライン】

  • 3.0円:21回転
  • 4.0円等価:19回転

【ヘソ入賞時の大当たり振り分け】

  • 5R確変(電サポ無):50%
  • 5R確変(143回ST):50%

【電チュー入賞時の大当たり振り分け】

  • 6R確変(143回ST):92%
  • 16R確変(143回ST):8%

パチンコ新台「CRA花の慶次SP~琉(ニューギン)」動画

参考になったらSNSでシェアお願いします!

この記事へのコメント

おすすめパチスロ台

  • CRグラップラー刃牙(ニューギン)

    【大当たり確率】1/399.61(確変中:1/58.98) 【確変突入率】72%(200回転ST) 【賞球数】3&9&13&15 【最大出玉】2160発 【時短】大当たり終了後、0or25回転の時短 【ホール導入日】20…

  • CR真田純勇士 Victory(ニューギン)

    『CR真田純勇士Victory』はニューギンのオリジナルコンテンツ。パチスロではこれまでに2機種発表されているが、パチンコでは初となる。今回はパチスロとの同時発表で、どちらも真田純勇士イズム満載の萌え系だ。 スペックは約…

  • CR真・花の慶次2(ニューギン)

    本機は2015年に登場し、本家シリーズとはスペックなどで一線を画しながらも人気を集めた『CR真・花の慶次』の正統後継機。またパチンコ花の慶次シリーズ10周年を記念したマシンでもある。 スペックは大当たり確率1/319.6…

  • パチンコCR Gレーサー(ニューギン)

    【大当たり確率】1/315.07 (確変中:1/49.12) 【確変率】80%(100回転まで) 【賞球数】3 & 2 & 7 & 7 & 14 【平均出玉】平均:約540個 【時…

  • パチンコCRくるくるぱちんこ 新EX麻雀2(ニューギン)

    【大当たり確率】1/299.25 (確変中:1/137.10) 【確変率】90%(200回転まで) 【賞球数】3 & 2 & 9 & 9 & 14 【平均出玉】4R:約360個、1…

  • CR真・花の慶次2 漆黒の衝撃 パチンコ

    ニューギンよりパチンコ新台【CR真・花の慶次2 漆黒の衝撃】が2018年夏頃より導入開始! 本機は2017年に導入された「」のスペック違いで、大当たり出玉が増加したことにより一撃性を有するスペックになった。 当ページでは…

  • CRキューティーハニー(ニューギン)

    本機は永井豪の原作人気アニメ「キューティーハニー」のタイアップ機だ。特徴としては、同社の『CR009RE:CYBORG』を継承、進化したスペック。大当たり確率約1/169で、初当たり時には100回の時短が付く。この時短中…

  • CRコブラ〜追憶のシンフォニア〜(ニューギン)

    本機は2012年以来、約5年振りとなる「コブラ」シリーズの最新作で、今作で4作目となる。『花の慶次』と並ぶニューギンのビッグコンテンツの一つだ。スペックは大当たり確率1/319.68、確変突入・継続率ともに50%の確変ル…

新着パチンコ解析攻略

ホール導入日

このページTOPへ ↑