ぱちんこCR蒼天の拳天帰(サミー)の攻略解析、スペック、みんなの評価、ホール導入日紹介

シリーズ5作目となる『ぱちんこCR蒼天の拳天帰』は、これまでとはすべてが一新されたミドルタイプのST機だ。電サポ回数は100回で、確変の場合は前半33回がSTゾーン、後半の67回は時短ゾーンとなる。通常大当たりでは100回の時短が付く。

演出面では「キリン柄」や「文句予告」なども健在。宿敵とのバトルで画面が金色に染まると発展する「天帰演出」など、見どころ満載だ。他にも画面を覆いつくす「ノックアウトビジョン」やギミックもポイント。

全体的なゲージ構成も悪くなく、ステージ性能も個体差があり、台ごとの回転率にも少なからず差が出るだろう。スルーは通り辛いため、十分にプラスの台で遊技したいものだ。また、アタッカー性能は優秀な部類だが、オーバー入賞させる際のストローク調整がシビアなため、上級者向けかもしれない。

ぱちんこCR蒼天の拳天帰(サミー)筐体画像
大当たり確率 1/319.7(確変中:1/32.0) 
確率変動確率 62% 
賞球数 1&3&4&14 
初当たり時メイン出玉 約750個 
備考1 確率変動は、33回転まで 
備考2 大当たり終了後、100回転の時短 
備考3 【ヘソ入賞時の大当たり振り分け】
16R確変(約2010個時短:100回):55%
6R確変(約750個時短:100回):7%
6R通常(約750個時短:100回):38%

【電チュー入賞時の大当たり振り分け】
16R確変(約2010個時短:100回):79.6%
4R確変(約500個時短:100回):20.4% 

参考になったらSNSでシェアお願いします!

この記事へのコメント

おすすめパチスロ台

  • ぱちんこCR北斗の拳7 転生(サミー)

    「北斗の拳」シリーズとしては今作で7代目となる本機は、北斗史上最強となる16R比率を引っさげての登場だ。もちろん、バトルタイプであることは言うまでもない。そのスペックは大当たり確率約1/319.7、確変突入率65%の確変…

  • ぱちんこCRぷよぷよ(サミー)

    本機は1991年に登場し、以来「テトリス」と並ぶ落ち物パズルゲームの代名詞とも言われた国民的ゲームとのタイアップ機。 スペックは大当たり確率約1/159.8、確変突入率65%・次回まで継続する確変ループタイプ。大当たりは…

  • デジハネCRA蒼天の拳天帰(サミー)

    2016年に登場した『ぱちんこCR蒼天の拳天帰』の遊パチタイプで、演出などは継承されている。 スペックは大当たり確率約1/99.9、確変突入率2.5%(電チュー100%)・10回転まで継続するST機。ST継続率は約64%…

  • ぱちんこCR蒼天の拳 天羅(サミー)

    本機はサミーが誇る人気機種「蒼天の拳」シリーズの第6弾で、2016年に登場した『天帰』から1年ぶりの登場だ。 スペックは大当たり確率約1/150.0、確変突入率95%・1万回転まで継続・リミット6回の確変リミッタータイプ…

  • ぱちんこCR北斗の拳6 拳王(サミー)

    【大当たり確率】1/394.8(確変中:1/39.5) 【確変率】80% 【賞球数】3 & 7 & 15 【平均出玉】約2200個 【時短】大当たり終了後、20回 or 40回 or 60回の時短 【…

  • CRAデジハネ偽物語(甘デジ) パチンコ

    サミーよりパチンコ新台【CRAデジハネ偽物語(甘デジ)】が2017年月日より導入開始! 「CR偽物語」のデジハネ(甘デジ)スペックが登場します! 当ページでは、【CRAデジハネ偽物語(甘デジ)】のスペック・ボーダー・演出…

  • パチンコCRアラジンTURBO 闇の魔神と暗黒のピラミッド(サミー)

    【大当たり確率】1/399.6(確変中:1/72.0) 【確変率】100%(100回転のST) 【賞球数】3 & 10 & 15 【平均出玉】4R:約469個、6R:約703個、8R:約937個、16…

  • パチンコCR北斗の拳5覇者(サミー)

    【大当たり確率】1/397.2 (確変中:1/39.7) 【確変率】80% 【賞球数】3 & 10 & 15 【平均出玉】約2400個 【時短】大当り終了後、20回 or 40回 or 60回 or …

ホール導入日

このページTOPへ ↑